環境に対する自動車メーカーの取り組み

MINIは環境対策基準が厳しいユーロ6規格に適合しています。

私も初めて知ったのですが、現在の自動車メーカーは新車を開発する段階で環境問題に対して多くの取り組みをしているようです。

それはReduce減らす、Reuse再利用、Recycle再資源化の3Rの観点で行われています。

近年、世界的規模で環境への配慮を目指した様々な取り決めが施行されていますが、自動車の製造段階においてもこれほどの取り組みがされていたとは本当に驚きの一言です。

確かに自動車はその製造材料からも多くの再利用や再資源化が期待できると思いますが、それに伴い使えないゴミが発生する事も確かです。

ドライバーへの安全性や信頼性を高める上での開発研究も必要ですが、再利用可を高め、ゴミを減らすといった開発研究も重要になってきたという事ですね。

リサイクル部品について
MINIの修理時に使われる自動車部品ですが、現在ではメーカー純正の新品だけでなくリサイクル部品の使用に注目が集まっているようです。

自動車リサイクル法の施工に伴い、国が使えるものは使いましょうという観念を認めたために、従来ならばリサイクル部品なんて大丈夫なの?と頭を傾げる人も少なくなってきたのではないでしょうか。

事実、リサイクル部品はグリーン購入としても認められているために、営利団体ではない国家機関や地方自治体での公用車の修理には当然理沙クリ部品が使われるわけでしょうし、リサイクル部品を扱った専門店も増えてきたことにより、良質なリサイクル部品が多くなった事も良点と言えますね。

今後はディーラー修理においてもリサイクル部品の使用も増えてくるのでしょうね。

車でお昼寝
爽やかな季節になってくると、ちょっと買い物に出かけたり、近くの公園に車で出かけても楽しいものです。

いつものごとく子供とエルグランドに乗って、何箇所か買い物に回った後、車も停められるちょっとした公園に行こうということになりました。

しかしあちらこちら出歩いたからか、こういった時は決まって子供って眠くなってしまって車の中で寝入ってしまいまして…せっかく公園に行っても、僕ひとりで遊んでも仕方がないので、駐車場のなかでも木陰になる場所を探して、車を停めてしばらく寝かせてあげることにしました。

車を停め、窓を開けて涼しい風を入れていると、木陰は本当に爽やかで過ごしやすい。

僕もあまりに気持ちがいいので、子供と一緒に車の中でお昼ねする事にしました。

秋の晴れて爽やかな日は、車の中で眠ってもとっても気持ちがいいんですよね。

思わずこの時はいつの間にか1時間ほどは寝ていたでしょうか…いい眠りをとることができました。
こういうのもいいですね。

Filed under: 未分類 — bmwmini 5:57 PM

僕のミニミニ生活は楽しいぞ!

昔から私がほしいと思っていた車が有るのです。

それは人気のMINIです。

このMINIはBMWの傘下に入り今やBMW性になってしまいました。

エンジンもボディもBMW性の強固なものになっているので現代の車としては最高にハッピーな車に仕上がっています。

そんなMINIも新型になって既に3世代目。

今までの車と違って少し大きなサイズに変更される今回のビジョンは私個人としてはとても好ましいと感じます。

少し小さめのミニはアレはアレでいいのですが、少し見飽きた感があるのも事実です。

だからこそこの新型サイズは有りなのです。

MINI好きな人は知っているかもしれませんが、現在開発を進めていると伝えられていた新型MINIの「ハッチバック」が2013年11月にアメリカで開催されるロサンゼルスモーターショー13で初お目見えする予定だそうです。

新型MINIは、7月にドイツ・ミュンヘンで行われたMINIのデザインイベントでMINI VISIONとして披露されていますが、最小のボディーサイズで最大の快適性を提供するというMINIブランドの理念を継承しており、フローティングタイプのセンターコンソールが特徴となっていました。

MINIのハッチバックだからこそ、MINI好きにはぜひ1台と発売を待っている人も少なくはないでしょうが、元々のMINI好きの人にとってはどうかな?という意見の分かれるところもあるようですね。

miniは乗り易い手頃なサイズと、軽快な走りで日本でも人気の輸入車のひとつです。

コンパクトカー程度のサイズですので、女性や年配の方でも乗りやすく、古くから根強い人気を誇っています。

miniを新車で購入するには数ヶ月待ちという人気ぶりで、その影響は中古車市場でも大いに現れており、miniを中古車販売店で購入するかたも多数存在します。

これだけの人気の車種ですから、買取における相場も常に高いものとなっており、数百万円の買取価格となることが多々あります。

しかし、BMWMINIを手放そうと考えているのいでしたら急いだほうが良いです。

2013年遂に次期型の新型MINIが発表されました。

輸入車は型落ちになってしまうと大きく査定額を落としてしまします。

昔のMINIはそれほど変わらなかったのですが、最新のBMWMINIは最先端のデザインとメカニズムを持っているので古くなる=値落ちに直結してしまいます。

ワンポイントアドバイス
ミニは近年新モデルのラインナップを増やしています。
その中でも顕著に感じることはボディサイズが大きくなっていっていることです。

この追加モデルでボディサイズの拡大をしているということは次の新型に向けたテストだと考えることが妥当でしょう。

確実に新型MINIは大きくなって戻ってきます。

しかしこの大きくなるということは良いことがたくさん有るのです。

近年の車が軒並み大きくなるのはそのことが原因なんですからね。

①走行性能が上げられる
横幅が大きくなればコーナリング性能が向上します。
長さが長くなれば(ホイールベース)直進安定性が向上します。

②安全性向上
言わずと知れたぶつかった時の安全性能ですね。
大きければ大きいほど搭乗者の安全は守られますが、歩行者にとってもソコソコの安全スペースを設けるためにサイズが必要なのです。
ボンネットの下にあるエンジンは硬いですよね。
ボンネットとエンジンはそれなりに空間を作らなければならないのです。

このようにこのまま現行サイズでは車の基準として難しくなってくるのが本当のところでしょう。

そうなったら、今の小さいMINIも少し古く感じてしまうのが輸入車のデザイン力の凄い所です。

Filed under: 未分類 — bmwmini 5:45 PM

MINIを買う時の体験【自動車ローン審査に落ちる驚くような理由】

昨今は自動車ローンの審査が通らなくて頭をかしげる人が多いのではないでしょうか?

これは審査基準が厳しくなったことが原因です。

先日MINIの購入に向けて

金融機関等に勤めている人でなければ知らないような驚きの理由がそこには存在します。

まずは、勤務年菅極端に短い場合ですが、短い為に勤務実績がなく、すぐに辞めてしまうと考えられる為です。

これは新入社員に多く、審査が通るのにはある程度の年月が必要になってきます。

またこれと同じような理由ですが、年収が150万円以下の人のローン審査はまず通らないと言っても過言ではありません。

ほとんどのローン会社が申し込み資格として年収150~200万円を設定してる事が原因です。

まずは社会的な信用実績を積んでからでないとローン審査は通らないという事ですね。

中古車業者で展示されているプライスボードですが、これは中古車業者がサービスのために設置しているものではないのです。

プライスボードの表
プライスボードに記載される内容は、社団法人「自動車公正取引協議会」が定めた自動車公正競争規約によって、正しく表示することが義務付けられており、不当表示に対してもちゃんとした罰則規定が決められています。

ですから、プライスボードに情報を正しく表示している中古車店を選ぶことは重要になってき、それを見分けることが失敗しない中古車選びのコツとも言えるでしょう。

プライスボードに表示しなければならないのは、価格、メーカー名、車名、グレード、排気量、ミッションタイプ、標準装備品(オプション装備品とは別に表示)、カタログの数値でのスペック等です。

気を付けてみてみれば、各業者によって違っているところが分別できますよ。

新車の売れ行き傾向は?

BMWMINIの新車の売れ行きが伸びています。

2013年6月の新車販売台数ランキングを見てみると、トップ1、2位はトヨタの誇るハイブリット車、プリウス、アクアで相変わらずハイブリット車強しといった傾向が現れています。

他の10位以内にランキングしている車種を見てみても、嗜好性の強い車よりも、燃費を重要視している傾向が強く出ています。

近年、売れ行きが好調と言われている軽自動車のランキングは無く、自動車売上は相変わらず普通車が強いという事実が浮き彫りになっている事は、全てを維持費に係わる実用性に求めているのではないという消費者の意向が強く表れている証だとも言えます。

今後もハイブリット車の技術向上と低価格化が促進されれれば軽自動車のマーケットも脅かすことになうかもしれませんね。

ページランクチェック
ハピネスリンク

Filed under: 未分類 — bmwmini 5:53 PM
2016年2月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29