MINIを買う時の体験【自動車ローン審査に落ちる驚くような理由】

昨今は自動車ローンの審査が通らなくて頭をかしげる人が多いのではないでしょうか?

これは審査基準が厳しくなったことが原因です。

先日MINIの購入に向けて

金融機関等に勤めている人でなければ知らないような驚きの理由がそこには存在します。

まずは、勤務年菅極端に短い場合ですが、短い為に勤務実績がなく、すぐに辞めてしまうと考えられる為です。

これは新入社員に多く、審査が通るのにはある程度の年月が必要になってきます。

またこれと同じような理由ですが、年収が150万円以下の人のローン審査はまず通らないと言っても過言ではありません。

ほとんどのローン会社が申し込み資格として年収150~200万円を設定してる事が原因です。

まずは社会的な信用実績を積んでからでないとローン審査は通らないという事ですね。

中古車業者で展示されているプライスボードですが、これは中古車業者がサービスのために設置しているものではないのです。

プライスボードの表
プライスボードに記載される内容は、社団法人「自動車公正取引協議会」が定めた自動車公正競争規約によって、正しく表示することが義務付けられており、不当表示に対してもちゃんとした罰則規定が決められています。

ですから、プライスボードに情報を正しく表示している中古車店を選ぶことは重要になってき、それを見分けることが失敗しない中古車選びのコツとも言えるでしょう。

プライスボードに表示しなければならないのは、価格、メーカー名、車名、グレード、排気量、ミッションタイプ、標準装備品(オプション装備品とは別に表示)、カタログの数値でのスペック等です。

気を付けてみてみれば、各業者によって違っているところが分別できますよ。

新車の売れ行き傾向は?

BMWMINIの新車の売れ行きが伸びています。

2013年6月の新車販売台数ランキングを見てみると、トップ1、2位はトヨタの誇るハイブリット車、プリウス、アクアで相変わらずハイブリット車強しといった傾向が現れています。

他の10位以内にランキングしている車種を見てみても、嗜好性の強い車よりも、燃費を重要視している傾向が強く出ています。

近年、売れ行きが好調と言われている軽自動車のランキングは無く、自動車売上は相変わらず普通車が強いという事実が浮き彫りになっている事は、全てを維持費に係わる実用性に求めているのではないという消費者の意向が強く表れている証だとも言えます。

今後もハイブリット車の技術向上と低価格化が促進されれれば軽自動車のマーケットも脅かすことになうかもしれませんね。

Filed under: 未分類 — bmwmini 5:53 PM